×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

FX外国為替証拠金取引とは何か

業者に証拠金を委託し、そのお金を元手に為替の売買を行うFXは、外国為替証拠金取引ともいいます。FXという略称は外国為替を意味するForeign Exchangeからきています。業者に証拠金を入れ、それを元手に貨幣を売買することで為替差益やスワップ金利を得る投資方法です。為替差益を目的とした売買はある程度のテクニックが必要なので、はじめたばかりの人はまずスワップ金利を目的とした方がいいでしょう。数万円という少額の証拠金で多額の貨幣を扱えること、インターネット上の操作で手軽に取引ができること、売買手数料が小さく取引のコストが小さいことなどから、FXの初心者入門したい人にも手軽にトライできます。取引の可能な時間も、FXはマーケットの開いている平日ならほぼいつでも可能です。対して、外貨預金は取引時間に制限があり、いつでもできるわけではありません。FXは国の貨幣を取引するので、株のように会社の倒産によって資産が消滅してしまうことはありません。また、株のような銘柄の選択もありません。FXの初心者入門として抑えておくことは、思わぬ為替変動で損が大きく膨らんだ時、被害を最低限に抑えるための「ロスカット」というルールです。また、スワップ金利を利用することで、何もしなくても毎日一定額の収入を得ることができるようにもなります。FXは外貨預金に似ていますが、外貨普通預金は低金利高手数料です。一方、外貨定期預金は普通預金と比べれば確かに金利は高いのですが、預け入れた時に定められた期間まで引き出せず、為替レートに即応した売買ができません。自己責任で資金を動かすことは任せ放し、預けっ放しの投資と比べるとFXの初心者入門に入ることは怖いものもあります。ですが、FXは初歩的な約束事をしっかりおさえ、下手な冒険をしすぎない限りは強い味方になってくれます。運用を間違わなければ、着実に資産を増やせるでしょう。

外国為替FXのしくみ

FXが行われている「外国為替市場」は、「銀行間取引市場」ともいいます。「銀行間取引市場」の実態は電話などで構築されているネットワークであり、株の証券取引所のような実在の場所はありません。国内、国外の銀行や証券会社などの金融機関が主に参加している取引市場で、ここで取り引きされるレートが計算されて「為替レート」になります。この銀行間取引市場に参加して外国為替の売買をしますが、注文そのものは取引業者を介する形になります。FXの初心者入門では投資総額の一部を証拠金として業者に入金し、実質の取引の差額は業者から借りる形で通貨を売買します。証拠金によって、資金より高額の取引をすることをレバレッジといいます。レバレッジの倍率は取引をする人が自分のさじ加減に合わせて決めることができます。ここで高い為替差益や高スワップを狙うこともできますし、金利リスクを低く抑えることもできるのです。レバレッジが大きくなるとリスクも増えますが、その分だけリターンも増加します。20%の外貨預金に相当する資産を形成する時は、年利2%の金利をレバレッジ10倍で持つなどという考え方です。高レバレッジをかけて取引をすると為替差益もスワップ金利も高くなりますが、その分リスクも増加します。もし相場が思いがけない方向に動いた時は、レバレッジを低く押さえることで損を出さないようにすることもできます。今や、自分の財産は自分で守り殖やす時代です。大手の証券会社でも倒産リスクがあり、そして年金も十分ではありません。老後資金の形成のためにも、資産を有効に活用するためにも、FXでの取引を覚えることは強い味方になってくれます。

FXの利益について

FXはスワップポイントと為替差益の2本柱によって利益が入ります。スワップポイントは何もせずとも勝手に利益が増えていくという、特にFXの初心者入門をした人にとっては嬉しい魅力の一つです。この利益とは、為替取引をする場合に生じる金利差を調整した分で、2国の間の通貨の金利差によるものなのです。FXの初心者入門では金利の低い通貨を売って高金利の通貨を買うと、その金利差分がスワップポイントとして入ってきます。このポイントは日々加算され、それによって利益もあがっていく仕組みです。例を上げて簡単に計算してみると、現在1万ドルを買って毎日約100円の場合、買ったあと1ヶ月間そのままにしておくだけで、月に約3000円が利益として得られるということになります。このような利益は、FXを始めた人であれば、おさえておかなければならない利益です。得られる利益のもうひとつが、為替変動によって生まれる為替差益です。たとえば1ドルを120円で買って140円で手放したという場合、差として出た20円を利益として得ることができるというものです。このときに大切な点がありますが、外貨預金はドルの「買い」しかできないようになっていてこんな形だけしか存在しませんが、それに比べFXは「売り」もできるため、1ドル110円でドルを売り、100円で手放して利益を得るということが可能なわけです。また、為替相場がどんどん変動するこの時代、日本の貨幣だけを持つことは潜在的なリスクがあります。FXの初心者入門としては資産を目減りさせないためにも、複数の外貨を保有することは非常に有効です。

Copyright © 2007 - 外国為替FXの知られざる真実